東京・大阪・神奈川・埼玉・愛知・福岡へ翌日納品可能!全国即日発送対応の訂正シール印刷サービス

ご入稿データの作り方

入稿データの作成は下記のいずれかでお願いいたします。
データ作成ができない場合も対応致しますのでご安心ください!

→Illustratorで作成
→Microsoft Word/Excel/PowerPointで作成
→シールのデータが作成できない場合は…

Illustratorで作成

対応バージョンについて

IllustratorはバージョンCS6まで対応しております。
CS6より上位バージョンのデータは、必ずCS6に下げて保存してください。

レイアウト方法

作成したいシールサイズ枠にトンボをつけて、内容(文字)をレイアウトしてください。

  • 文字は必ずアウトライン化
  • ドキュメントのカラーモードはCMYK設定
  • 特色指定は出来ませんので、CMYK分解をしてください。

スクリーンショットについて

入稿データの破損がないかの確認のため、入稿の際、完成画面をスクリーンショットした画像データ(jpg形式)もお送りください。

【スクリーンショット画像の作り方】

→Windows環境の場合:
Alt+PrintScreenを押した後、photoshop等で「貼り付け」、画像データに保存。

→Mac環境の場合:
コマンド+shift+3で、デスクトップ等に画像データが作成されます。

 
※以下のような場合はご注意ください!

Illustratorの特殊効果(ドロップシャドウ、ブレンドツールなど)を使用する場合は、分割・拡張をしておいてください。

文字だけでなく、写真やロゴマークなどの画像もある場合

(Illustrator上にパスがあるものはそのままでOK)

  • 画像データはCMYK
  • 原寸で300~350dpiのeps形式
  • イラレ上に配置後、埋め込みをする。
    この場合、シールのIllustratorデータは、eps形式で保存。

シールの端いっぱいまで印刷をしたい図版がある場合

シールの仕上がり枠に対して、その図版に3mmの塗り足しが必要

シールを貼りたい面に何らかの色が付いている場合

データ上に地色の色もつけておいてください




ご注文頂くにあたり、下記2パターンの流れがございます。
お客様の状況に合わせてお選びください。

→Illustratorで入稿データを作成ができる方
→Illustratorで入稿データを作成できない方:納期プラス2日タイプ


ページトップへ